フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

ドゥマゲティ周辺の人気観光!ドルフィンウォッチング&サンドバーを満喫

ドゥマゲティ周辺の人気観光!ドルフィンウォッチング&サンドバーを満喫
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

こんにちは!ドゥマゲッティ観光協会です。

 

ドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)から比較的気軽に参加できる観光アトラクション、かつ超おすすめのスポットとして、バイスのサンドバーがあります。

 

バイスのサンドバー」と旅行者や留学生から呼ばれる観光地ですが、正確には、「マンフヨドという街にあり、その街が管轄しているので、「マンフヨドのサンドバー」と呼ぶのが正しいそうです。

 

しかしながら、「マンフヨド」という呼称があまりにユニークすぎますのと、実際に船に乗る出発点は「バイス」になりますので、まあ、バイスで良いような気がします。

 

バイスのサンドバー周辺で出来ること

ドゥマゲティ周辺の人気観光!ドルフィンウォッチング&サンドバーを満喫

一般的には、早朝にドゥマゲッティを出発して、「ドルフィンウォッチング」を一発かましてから「サンドバー」に向かうことが多いです。

 

ドルフィンウォッチングはその名の通り、「イルカ見学」です。

 

バイス沖にはイルカがかなりの高確率が現れる海域があり、その周辺をボートでクルーズして野生のイルカの群れを見学します。

 

サンドバー」とは、バイス、マンフヨドの沖合に自然にできたホワイトサンドビーチです。

 

船で渡ることしかできません。

 

干潮の時間前後に合わせて訪れることで、足首くらいまでの超遠浅の綺麗なビーチを堪能することができます。満潮になっても、人の身長くらいの深さです。

 

このホワイトサンドバー周辺で、海水浴をしたりスノーケリングをしたりできます。バナナボート等のサービスも行っています。

 

また、ボートの船上でランチや乾杯をしたり、水上コテージを貸し切ることでコテージパーティを開催することも可能です。

 

最近、だんだんと人気になってきて観光客も増えてきていますが、まだまだ隠れ家的ビーチリゾートです。

 

一般的にドゥマゲッティの観光リストの中では後ろの方にされてしまいがちですが、個人的にはもっともオススメで楽しめるアクティビティです。

 

この記事では引き続きこんな内容が読める

○ バイスのサンドバーへの行き方
○ ドゥマゲッティ観光協会のサンドバー・ツアー
○ バイス(マンフヨド)のサンドバー補足

 

 

《「ドゥマゲテ・ナビ」とは 》

ドゥマゲッティ観光協会が運営を行うドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)の総合情報ポータルサイトです。フィリピン・ドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)周辺やシキホール島の観光情報・生活情報・移住情報等を発信しています。

 

日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.