フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

フィリピンの若者世代でバズった!今すぐSNSで使える流行語3選

フィリピンの若者世代でバズった!今すぐSNSで使える流行語3選
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

こんにちは!ナビマニラです。

 

2020年のユーキャン新語・流行語大賞には「3密」が選ばれました。

 

英国のコリンズ英語辞典は2020年の言葉として「ロックダウン」、米国のメリアム・ウェブスター辞典は「パンデミック」を選んでおり、やはり世界的にコロナウイルス関連の言葉が選ばれる傾向があったようです。

 

そのほか流行語大賞にノミネートされていた中には、韓ドラ「愛の不時着」がありましたが、フィリピンでも「Crash Landing on You」というタイトルでロックダウンの初期に大流行していたのが思い出されます。

 

今回は、フィリピンでコロナウイルス関連以外ではどんな言葉が流行していたか紹介したいと思います。

 

1. Awit (アウィット)

フィリピン語のawitは本来「歌」という意味ですが、最近になって1990年代後半以降生まれのGenZ(ジェネレーションZ)と呼ばれる若い世代の間では、SNS上で全く違う意味で使われるようになってきました。

 

残念な知らせなどを聞いた時に「おー、それは辛いね」という意味で “Awww, sakit”と言いますが、その頭のAwとsakitのitだけを残した略語として、この “Awit”を使うのです。

 

sakitは痛い、あるいは病気という意味で、このように「心が痛い」時にも使われます。

 

英語のOuchに対応する幼児語でowie(アウウィー)という言葉がありますが、そのowieとsakitを重ねているという説もあります。

 

友達と会うのが何よりも楽しみな10代から20代の若者は、学校もオンラインになり、友達と自由に会うこともできず、スマホでのチャットやSNSが主なコミュニケーションの手段になってしまったことが反映されているのかもしれません。

 

 

用例

Hiwalay na kami ng BF ko!(彼氏と別れちゃったの。)

Awit! (あー、辛いね!)

 

 

この記事では引き続きこんな内容が読める

○ ちょっとだけ自慢したい時に使える一言
○ 幸せそうな姿をみた時に使える一言

 

 

《「ナビマニラ」とは 》

日刊まにら新聞より2008年に創刊。マニラをはじめフィリピンの各地のグルメや街歩き、旅行といったライフスタイル、エンターテインメントなどの情報をお届けしています。

 

最新記事はコチラ
日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.