フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

ミンダナオ産クラフトチョコレート!フィリピンと日本、世界を幸せに

ミンダナオ産クラフトチョコレート!フィリピンと日本、世界を幸せに
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

こんにちは!ナビマニラです。

 

チョコレートについてネットで検索すると「チョコレートを食べると、幸せホルモンが増える」という情報や、「10人いれば9人はチョコレートが好きと答える。残りの1人はうそつき」という名言(?)に出会います。

 

古今東西で愛されてきたチョコレート。

 

近年はカカオ豆からチョコレートができるまで工房で一貫して行う「Bean to Bar」製法によるクラフトチョコレートも注目を集めています。

 

そして先頃、英国で行われた65カ国から1400点を超えるチョコレートが出品した品評会で、フィリピン産カカオのクラフトチョコレートが受賞しました。

 

作り手は増田恭子さん。

 

日本でcocomas chocolateを創業した増田さんに、クラフトチョコレート、そしてフィリピン産カカオへの思いを聞きました。

 

ミンダナオ産クラフトチョコレート!フィリピンと日本、世界を幸せに

増田 恭子さん Kyoko Masuda cocomas chocolate 経営。

埼玉県草加市出身。獨協大学経済学部経済学科卒。航空会社客室乗務員、広告代理店、NPO法人勤務等を経て2019年2月にcocomas chocolateを創業。「今、チョコレートの原料カカオの世界的な不足が懸念されています。店名のcocomas(ここます)は、今後も世界中の人々がおいしいチョコレートを食べることができるように、カカオ生産量が向上することを願ってcoco(カカオ)mas(増える)と名付けました」

 

フィリピン産カカオの可能性を知ってほしい

 

英国アカデミー・オブ・チョコレート(AOC)の品評会で昨年12月、2種類のダークチョコレートが銅賞、クランチタイプのチョコレートが推奨枠に入賞しました。

 

クラフトチョコレート関係者にとって、このAOCや、インターナショナル・チョコレート・アワード(ICA)で受賞することは一つの目標です。

 

フィリピン産カカオのチョコレートをもっと多くの人に知ってもらう機会になればと思い、今回初めて出品しました。

 

また、自分が作ったチョコレートの客観的な評価を知りたいという気持ちもありました。

 

ミンダナオ産クラフトチョコレート!フィリピンと日本、世界を幸せに

cocomas original 73% (rough)  Academy of Chocolate Awards 2020 Dark Bean to Bar (under 90%)部門 銅賞

「少しざらついた粗挽きの食感と柑橘系のフレッシュな酸味。カカオ豆をすり潰すコンチングの工程を極端に短くし、フルーティーな風味を生かしています。AOCではカカオ豆の新鮮な果実味が評価されたと思います。砂糖の粒も残り、カカオ73%にしては甘く感じられ、とても食べやすく、食感や風味が普通のチョコレートとは違うcocomasならではの名物です」

 

この記事では引き続きこんな内容が読める

○ 仕事を辞めて、思った。「カカオを見に行こう」
○ 生産地でカカオに魅了。「チョコで農家支援を」

 

 

《「ナビマニラ」とは 》

日刊まにら新聞より2008年に創刊。マニラをはじめフィリピンの各地のグルメや街歩き、旅行といったライフスタイル、エンターテインメントなどの情報をお届けしています。

 

最新記事はコチラ
日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.