フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

フィリピンでカエル料理!絶品エキゾチックフードを体験してみよう

2021.07.24
フィリピンでカエル料理!エキゾチックフードを体験してみよう
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

クマインカナ?たくせき(@takuseki57)です。

 

海外に来たときの楽しみの1つといえば、”現地ならではの食事“ですよね^^

 

僕もフィリピンに5年住んで、色々なフィリピン料理などを食べてきました。

 

アドボやシシグ、シニガンスープなどの王道なフィリピン料理も好きですが、とりわけ日本ではあまり見ないエキゾチックフードは強く印象に残っています。

 

フィリピンでカエル料理!エキゾチックフードを体験してみよう

今回は、世界最古とも言われるマニラの中華街で、エキゾチックフードの1つとされる「カエル料理」を食べましたので、ご紹介します。

 

たくせき

一体どんな味か気になりますよね?僕も人生初体験でした…!

フィリピンではカエルを食べる?

 

“食”は、その国の文化を色濃く反映しているものであり、日本以外の国に行くと、そこでしか食べられない珍しいものも多くあったりします。

 

ここフィリピンでは、

 

バロット(孵化寸前のアヒルの卵)

スープ・ナンバー・ファイブ(牛の男性器スープ)

ディヌグアン(豚の血シチュー)

アディダス(鳥足の串焼き)

 

などが日常的に食べられています。

 

たくせき

中には衝撃的な見た目のものもあるので、気になる方は検索してみてください。

 

一方で、「カエル料理」はどこでもよく見るわけではなく、今回マニラにある中華街で見かけることができました。

 

正確な起源はわからないですが、フィリピンでは華僑の人も多く、”カエル”を幸運な生き物として考え、置き物や皮のバッグなどの製品がお土産屋でもよく見られます。

 

現地フィリピン人向けメディアでも、エキゾチック料理として扱われていることも多く、日常的に食べるというよりは、特別なタイミングで食べる料理のようです。

 

たくせき

今回、中華街で見かけたこともあり、何か”幸運な物”として、カエルが食されているのかもしれません。

 

どんな味だった!?

フィリピンでカエル料理!エキゾチックフードを体験してみよう

 

今回は中華街の屋台レストラン街で、”Crispy Froglegs”(カエルの足を揚げたもの)を食べました。

 

味は鶏肉に近く、臭みなどもなかったです。

 

個人的には鶏肉よりも弾力があり、柔らかくも噛みごたえがあった印象でした。

 

フィリピンでカエル料理!エキゾチックフードを体験してみよう

鳥などと比べても価格が高くなっているので、高級な扱いのようです。

 

たくせき

味は美味しいのですが、カエルの足のモモのぷにぷに感があり、ちょっと苦手でした…笑

 

カエル料理はどこで食べれる?

町のスーパーマーケット

フィリピンでカエル料理!エキゾチックフードを体験してみよう

実は、スーパーマーケットでもカエルを買うことができます。

 

日本人が多く住むスーパーマーケットの生鮮エリアにも普通に売られていました。

 

揚げ物やアドボが人気のカエル料理です。

 

中華街の屋台レストラン

フィリピンでカエル料理!エキゾチックフードを体験してみよう

今回食べたのは、中華街にある屋台レストラン街でした。

 

GoogleMap上では正確にピンが刺せる場所がなく、下記の地図で「Mandarin Square」の道を挟んで反対側にあり、橋を渡る前の道を左地下に入っていく感じです。(説明がわかりにくくすみません。。)

 

 

動画(46:30付近)を見るとわかりやすいので、こちらの動画を参考にしてみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

その国にあった食文化を体験するのは面白いですよね^^

 

もちろん好き嫌いはあると思いますが、リスペクトを持って体験できれば、その国のことをさらに深く知ることができます。

 

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

バイバイぽ〜!

最新記事はコチラ
日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.