フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選

2020.04.29
実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

こんにちは。マニラブのなな(@nanadaylife)です!

 

旅行をする時、「どこにお金をかけるか」を考えるのは重要ですよね。

 

高級料理店に行って舌で贅沢するもよし!
思いっきりショッピングを楽しむもよし!
快適なフライト時間にお金を使うもよし!

 

一方で、「どこを節約するか」も重要です。いかにお得に旅行するか?と考えるのも面白いものですよね!

 

そこで今回は宿泊費を抑える方法の1つとして、格安で泊まれるフィリピンの宿泊タイプについてお伝えしたいと思います。

 

ただ、安いからといってガマンしたくない!ですよね^^

 

格安でありながら、快適&清潔で、一般的なホテルとは少し違うからこその楽しみもある。そんなコスパ◎の宿泊タイプ「ホステル」をご紹介します。

 

 

格安な宿泊タイプ「ホステル」とは

実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選

室内に2段ベッドが設置されている相部屋(ドミトリー式)で、洗面所、トイレ、シャワー(場所によってはキッチンも)が共用となっている宿泊施設です。

 

低価格で宿泊できて、特に「バックパッカー」に人気な宿泊のスタイルです。

 

実際に私が泊まってみた結果・・

 

「圧倒的なコスパにびっくり・・!」というのが正直な感想です。安いからガマン!ということは特になく、快適に過ごすことができました。

 

ホステルが多く集まる「ポブラシオン」

実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選

マニラの中心街マカティの中にある、活気あふれる飲み屋街「ポブラシオン」というエリアには何軒ものホステルが集合しています。

 

リーズナブルに楽しめるレストランやバーも多く立ち並び、海外からのバックパッカーもよく見かけるエリアです。

 

ホステルのメリット

こんな格安ホテルを探してた!コスパ最高のフィリピンのホステルをご紹介①圧倒的なコスパ!

なんと相場は

【1泊1人1,000円~2,000円】!!!!!

 

時期や宿泊プランによっても異なりますが、相場はこのくらいのお値段です。しかもこのお値段に無料Wi-Fiや、ホステルによっては朝食もついているので衝撃です。

 

その上、清潔感◎です。

 

私は先日1軒のホステルに宿泊し、その他いくつかのホステルを見学しに行ってみましたが、シャワールームなどの共有スペースも、寝床となるベッドスペースもきれいに掃除されていました。ひと安心!

②宿泊者との会話をエンジョイ!

ホステルにはいろいろな国からの旅行者が集まっています。相部屋や共用スペースには、自然とコミュニケーションしやすい雰囲気があります。

 

フィリピン旅行に来た理由や目的もそれぞれ。おすすめスポットを共有しあったり、旅でのエピソードを語り合ったり、旅好き同士の会話もホステルの醍醐味の一つです。

 

ホステルのデメリット

実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選
こんなにお安く泊まれるので、いくつかデメリットもあります。しかし、事前にデメリットを知っておけば少し安心かと思いますので、正直にお伝えします!

①セキュリティが心配→鍵付きロッカーがあるので安心

セキュリティ面は相部屋の1番の心配ですね。鍵付きの大きなロッカーがあるので、貴重品はそこに入れておけます。ベッドにはカーテンがついているので、ベッドスペースは他の人から見えなくなります。

ただ、男女相部屋は気になるという方は【女性専用】の部屋もありますので、最初は【女性専用】から始めるのも良いかと思います。

②トイレを使いたい時に使えない→共用トイレがあるので大丈夫

基本的に共用のシャワールームの中にトイレがあるため、使っている人がいる時は使えません。シャワーの利用は待っていなければなりませんが、トイレはホステルの共用スペースにもあるので、そちらを使うことも可能です。

③物音が気になる→これは運。笑

運悪く「イビキくん」と同部屋になった場合、夜なかなか寝付けないですね。こればっかりはですね。笑

 

おすすめのホステル3選

Zula Hostel(ズーラ・ホステル)

実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選 私が泊まったのはこちらのホステルです。ベッドスペースの快適さ、清潔感は申し分なく、とても快適に過ごすことができました。それでいてこの安さ!コスパ最高です。

 

宿泊プラン
男女混合ドミトリー8名相部屋
1,200円~(税金・サービス料込)/泊
※日によって変動するので、目安としてください。
※女性専用の部屋もありますが、少し高くなります。

 

実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選
朝食付き

朝食は日によりますが、この日はパンとバナナ、ジュースが1人ずつ渡されました。パンが結構美味しかったです。そして、シリアルとコーヒーは自由!

もし同じものをマニラのカフェで食べたら、少なくとも400円程はすると思います。朝食を食べる最上階の共有スペースにはテラスもあり、とても気持ちが良くいい朝を迎えられます。

 

カクテル付き
最上階の共有スペースは、夜にはバーになります。そこでカクテル1杯を無料でいただけるクーポン付きです。カクテルは別途注文もできて約300円~なので、その分が宿泊代に含まれていることになります。

 

Wi-Fi無料
速度に関してもストレスなく使えました。スマホとPC2回線同時利用OK!

 

コンセント2つ+USB電源2つ
ベッドスペース内にあるので、寝ている間に十分充電できます。

 

Zula Hostel
住所:7840 Makati Ave. cor. P. Guanzon St., Barangay Poblacion, Makati
チェックイン/アウト: 14:00/12:00

 

Z Hostel(ジー・ホステル)

実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選
ポブラシオンのアイコン的存在なホステル。ポブラシオンに行きたい時はまずこのホステルを目的地に設定するという人も多いほど有名です。

 

実体験!フィリピンのホステルのメリット・デメリット&おすすめ3選
屋上にはルーフトップバーがあり、週末の夜はクラブミュージックで盛り上がっています。特に欧米系のバックパッカーに人気で、各国からの旅行者との会話も楽しみたい方におすすめです。

 

Z Hostel
住所:5660 Don Pedro St., Brgy. Poblacion, Makati
チェックイン/アウト: 14:00/11:00

 

BUNK 5021 HOSTEL(ブンカ・5021・ホステル)

こんな格安ホテルを探してた!コスパ最高のフィリピンのホステルをご紹介

ポップな内装のレストランが併設されているホステル。宿泊部屋に繋がる階段や通路の装飾も凝っています。

 

こんな格安ホテルを探してた!コスパ最高のフィリピンのホステルをご紹介

他のホステルに比べて相部屋となっている部屋自体が広々としていて、圧迫感を感じない室内です。

 

格安で泊まりたいけど、なるべくスペースに余裕があるところがいいなという方におすすめです。

※全室見学したわけではないので、もし万が一狭いと感じられた場合はごめんなさい・・。

 

BUNK 5021 HOSTEL
住所:5021 P Burgos, Makati
チェックイン/アウト: 14:00/13:00

 

 

格安というメリットだけではない、ホステルの魅力を感じていただけましたでしょうか?

 

ホステル利用はご紹介したようなデメリットもあり、個人差があると思いますので、その判断材料にしていただけたら嬉しいです。

 

よかったらぜひ一度泊まってみてくださいね!

日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.