フィリピン首都マニラの旅行・観光情報

マニラの無料観光スポット!「国立自然史博物館」で自然環境の歴史を学ぼう

2020.04.28
マニラの無料観光スポット!「国立自然史博物館」で自然環境の歴史を学ぼう

マガンダン・ハーポン!マニラブのゆかりです。

 

フィリピンに旅行に来たら、せっかくなので「フィリピンが知れる観光スポット」に行ってみたいと思いませんか?

 

そんなあなたにおすすめなのは、首都マニラのベイエリアにある有名観光スポット「リサール公園」にほど近い場所にある「国立自然史博物館」。

 

マニラの無料観光スポット!「国立自然史博物館」で自然環境の歴史を学ぼう

 

その名の通り、動植物の生態系や化石などの展示があり、フィリピンの豊かな自然環境の歴史が学べて、観光スポットにもぴったりです。

 

国立自然博物館(National Museum of Natural History)
住所:Teodoro F. Valencia Circle, Ermita, Manila, Metro Manila
営業時間:火〜日 10:00〜17:00

 

フィリピンは日本と同じく島国で、島の数はなんと7000以上!

 

澄みわたる美しい海は有名ですが、3000m級の山頂から雲海を臨むことができたり、ニット帽を被るほど気温の低い高地の街があったりと、さまざまな大自然に囲まれています。

 

館内にある「ツリー・オブ・ライフ(生命の樹)」と呼ばれる、玄関中央にあるエレベーターは、自然光が降り注ぐ天井まで続く大きさ。床にきれいな影を投影するため特に目を引き、インスタ映えスポットにもなっています!

 

その名の通り、動植物の生態系や化石などの展示があり、フィリピンの豊かな自然環境の歴史が学べます。

 

展示物の配置のアイデアもおもしろく、上層階は山や森などの高度の高い環境、下層階は川や海などの高度の低い環境にフォーカスしているので、まずは最上階まで上がって、展示物を見ながら下りてくるのがおすすめです。

 

マニラの無料観光スポット!「国立自然史博物館」で自然環境の歴史を学ぼう

マニラの無料観光スポット!「国立自然史博物館」で自然環境の歴史を学ぼう

マニラの無料観光スポット!「国立自然史博物館」で自然環境の歴史を学ぼう

 

実はこの建物は、もともとフィリピン政府観光省として使われていました。

 

2018年に国立自然史博物館へと生まれ変わり、年齢・国籍問わず入場無料で、日々多くの訪問者を魅了しています^^

 

見どころが多い上に、綺麗でスペースがゆったりとしているため、また足を運びたくなるスポットです!

 

お友だち、カップル、ファミリー、おひとりさま、どんな旅行の形でも楽しめると思います。

ぜひ訪れてみてください♡

 

ちなみに、ゆかりのまめちしき。
フィリピンの国花は、サンパギータ。
フィリピンの国鳥は、フィリピンワシ。

 

タガーイ!

ともえ
お絵かきとお散歩がすき
たくせき
街ぶらが趣味なクリエイター
現地在住の日本人がフィリピン首都マニラの魅力を様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of Manila, how attractive it is.