【#おうちでフィリピン】家で手軽にフィリピン料理を楽しもう!

【#おうちでフィリピン】家で手軽にフィリピン料理を楽しもう! image 2 food
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

こんにちは。マニラブのたくせきです。

 

今回はフィリピン政府観光省が行なっている、家に居ながらフィリピンを感じられる「#おうちでフィリピン」企画をお届けします^^

 

たくせき

気軽に海外旅行がしにくいから、家に居ながら海外を味わえるって嬉しいですね!

 

フィリピンでは、新型コロナウイルスの影響で現在、入国制限および入国後の行動を制限しています。

 

安心して海外旅行ができない今、フィリピン政府観光省ではおうちで手軽にフィリピン文化を感じていただけるように、#おうちでフィリピン フィリピン料理にチャレンジを実施しています。

 

#おうちでフィリピン フィリピン料理にチャレンジ

毎回ゲストをお招きして、フィリピン料理にチャレンジする企画で、皆様もゲストと一緒にご自宅でフィリピンのご当地グルメに挑戦していただき、少しでも旅行気分を味わってみてください♪

 

今回フィリピン料理に挑戦するのは、俳優の高杉真宙さん。

 

普段、料理をあまりしないという高杉さん。玉ねぎのみじん切りにも挑戦!果たして上手にできるのでしょうか?

 

第1弾のお題はお酢がポイントの「チキンアドボ」。高杉さんの奮闘ぶりを是非、ご覧ください!!

 

 

フィリピン料理はスペイン、中国、アメリカなどの文化の影響を受け、様々な味わいが楽しめるのが特徴です。

 

主食は日本と同じお米で、醤油やお酢を使うため、日本人の口に合う料理が実はたくさんあるんです。

 

高杉真宙さんが挑戦する料理はこちら!

 

チキンアドボ

フィリピンの代表的な家庭料理。お酢のさっぱりとした風味をいかした煮込み料理で、やみつきになること間違いなし!

 

ポークシニガン

日本のお味噌汁にあたるフィリピンの代表的なスープ。食欲をそそる酸味が特徴で、野菜やお肉もたっぷりで栄養満点。

 

パンシット・ギザド

誕生日などのお祝いの日に食べられるフィリピンの麺料理。具材をアレンジすれば、ボリューム調節も簡単。

 

色々な方が #おうちでフィリピン 料理に挑戦!

ここでは、SNSに投稿された「#おうちでフィリピン」料理をマニラブがご紹介させていただきます。

 

たくせき

どれも美味しそう〜!おうちで手軽に作れるのが嬉しいですね^^

【#おうちでフィリピン】家で手軽にフィリピン料理を楽しもう! image 1

 

チキンアドボ完成〜!

ウマー!!!
ローリエの香りが👍🏻
追いブラックペッパーで更にウマー!
お肉柔らかー!!#おうちでフィリピン pic.twitter.com/VypyqHPjEu

— モリコシ (@forestover3love) October 13, 2020

 

チキンアドボがとても美味しかったので、今度は豚肩ロース肉を使って、ポークアアドボを作ってみました🐷✨#おうちでフィリピン pic.twitter.com/47JnTcKDOh

— ウツソウ🚩🐢☀️☁️☂️⛄️ (@onokohibashi) October 18, 2020

 

作りました!ポークシニガン風🍲
シニガンミックスどこにもないのでレモン汁入れました🍋ナンプラーはアンチョビと醤油で代用😅なのであくまでも”風”です💧味近いといいな。キュンと酸っぱいスープおいしかったです😋酸っぱいのもトマトもみんな嫌いだから、一人前だけ〜
#おうちでフィリピン pic.twitter.com/3ol2LZKO2v

— kawaguchi (@eeeri0207) October 17, 2020

 

たくせき

自分の好みに合うようにアレンジなども加えると、さらに美味しく食べれますよね!

 

キャンペーン情報(2020年10月31日まで)

おうちにいながら旅気分♪

 

あなたが作ったフィリピン料理写真を「#おうちでフィリピン」をつけてInstagram、またはTwitterに投稿しましょう!

 

キャンペーン期間中に、フィリピン政府観光省のアカウントをフォローして、投稿していただいた方の中から抽選で、セブ島往復航空券やスーツケース、フィリピン気分を味わえるバラエティセットをプレゼントします。

 

キャンペーン詳細はこちら

 

※キャンペーン期間は2020年9月28日(月)〜2020年10月31日(土)

 

観光省のホームページやSNSもチェック!

フィリピン政府観光省の日本事務所では、ホームページやSNSを活用して、フィリピンの魅力を発信しています。

 

ぜひこちらもご覧ください。

 

公式ホームページ:philippinetravel.jp
Facebook:@PhilippineTravelJP
Twitter:@PhilTravelJP
Instagram:@PhilippineTravelJP
YouTube:フィリピン観光省

(※本記事は文章・写真ともにフィリピン政府観光省より許可のうえ掲載しております)

 

あわせて読みたい

フィリピン旅行で食べたいフィリピン料理いろいろ

【日本でフィリピン料理作ってみた!】豚肉を炒めたピリ辛料理「シシグ」のレシピ

【あなたは何級?】レベル別でフィリピン料理を解説!

 

【#おうちでフィリピン】家で手軽にフィリピン料理を楽しもう! image 0

Rating