フィリピン首都マニラの旅行・観光情報

フィリピン旅行の予算の目安に!フィリピンの物価を日本の物価と項目別比較

2020.05.27
フィリピン旅行の予算の目安に!フィリピンの物価を日本の物価と項目別比較

マガンダン・ハーポン!マニラブのゆかりです。

 

フィリピン旅行に行くことが決まったら、どのくらいの予算が必要か気になるところですよね。

 

一般的に、「フィリピンの物価は日本の3分の1」などと言われていますが、実際にフィリピンの首都マニラに住んでみると「日本よりも高いな」と思うものも…!

 

また、経済成長に伴い、全体的な物価も上がってきていると感じます。

 

今回は、具体例も交えながら、フィリピンの物価についてご説明したいと思います^^

 

フィリピン・ペソ−日本円のレート

フィリピンの通貨は、フィリピン・ペソと言います。

 

本記事の執筆日(2020年5月27日)時点で、1フィリピン・ペソ=2.13円です。

 

私がフィリピンに暮らし始めて3年ほど経ちますが、よっぽど大きなレートの上下動がない限り、だいたいフィリピン・ペソ表示の「2倍強」をして円に換算しています。

 

身近なもので物価比較

ミネラルウォーター

フィリピンでは、ミネラルウォーター(500ml)は約20ペソで購入することができます。日本と比べて、格段に安いですね。

 

フィリピンでは、水道水を飲むことはできません。至るところにコンビニエンスストアがありますので、ミネラルウォーターを購入するようにしましょう!

 

スターバックスのコーヒー

フィリピンでは、スターバックスのアメリカンコーヒー(グランデサイズ)が約130ペソで購入することができます。日本では370円なので、お得に感じますね。

 

フィリピンでは、日本と同じように、スターバックスが続々と出店しています。フィリピン限定グッズもとてもかわいいので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね^^

 

瓶ビール

フィリピンでは、「サンミゲル」というビールが人気です。種類にもよりますが、330mlの瓶ビールがおよそ40ペソで購入することができます。ビール好きにはたまらない値段ですね!

 

スーパーマーケットやコンビニエンスストアで購入できるだけでなく、レストランでも定番ドリンクメニューとして置いてありますので、ぜひお試しください!

 

タクシー初乗り

マニラでは、タクシーの初乗り運賃は40ペソです。日本と比べて物価が安いとわかる顕著な指標ですね!

 

私は配車アプリ「Grab」を使うことが多いですが、「Grab」は年々値段が上がってきているように感じます。それでも日本のタクシーに比べたら破格です。

 

タバコ1箱

フィリピンでは、タバコ1箱が約100ペソです。日本と比較するととても安いですが、それでも年々値上がりしています。

 

フィリピンの路上では、タバコを1本単位で売る行商がいるのもおもしろいです。

 

映画

フィリピンでは、映画のチケットが300ペソで購入することができます。映画好きにとっては嬉しい値段設定ですね!

 

フィリピンでは英語が公用語のため、フィリピン人は字幕なしで英語の映画を観ることができます。字幕を付ける時間が省けるため、ハリウッド映画はアメリカと同時公開か、日本よりも早く上陸することが多いです^^

 

マッサージ

フィリピンでは、60分のマッサージを約350ペソ〜受けることができます。日本では、10分1000円で計算されることが多いので、フィリピンのマッサージの安さが際立ちますね!

 

格安で上質なマッサージを受けることができるフィリピンでは、伝統マッサージ「ヒロット」も人気です。フィリピン旅行に来られた際には、ぜひ受けてみてくださいね。

 

電気代

「日本よりフィリピンのほうが物価が高い!」と思う一番の例は、電気代です。毎月、電気代の請求書を見るのが怖いくらいです…(笑)

 

また、電化製品も日本のほうが良質で安価に購入できると思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

基本的には、日本の物価よりも顕著に安いか、比較的安いものが多いことがお分かりいただけたかと思います。

 

一方で、近年は物価上昇率が高いため、「意外と日本の物価と変わらない」と思うシーンも多くなってきていることも念頭に置いて、フィリピン旅行を楽しんでくださいね^^

 

タガーイ♡

現地在住の日本人がフィリピン首都マニラの魅力を様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of Manila, how attractive it is.