フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

綺麗すぎるフィリピンの離島!王道旅行に飽きたらツウなリゾートへ

綺麗すぎるフィリピンの離島!王道旅行に飽きたらツウなリゾートへ
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

 

こんにちは。マニラブのたくせきです。

 

今回はフィリピン政府観光省がご紹介している「フィリピンの離島」について、たくせきが厳選してご紹介していきます^^

 

たくせき

7000以上もあるフィリピンの島々。セブやボラカイなど観光地として有名なところもあれば、まだまだ知られていないツウな島も!

 

アマンプロ(Amanpulo)

綺麗すぎるフィリピンの離島!王道旅行に飽きたらツウなリゾートへ

マニラの南西360キロメートル、クヨ諸島のキニルバン島の一部に位置するフィリピン屈指のプライベートビーチリゾート。

 

全長24km、幅500mの小島は美しい白砂、透き通る青い海、そしてサンゴ礁のリーフに囲まれています。

 

宿泊施設はカシタと呼ばれるバンガロータイプの全40棟で、島内はカシータとヴィラに備えられたバギーで移動します。

 

綺麗すぎるフィリピンの離島!王道旅行に飽きたらツウなリゾートへ

スキューバダイビング、シュノーケリングなど、美しい海でのマリンスポーツも万全です。

 

静かなビーチでくつろぐ旅や、家族旅行やグループ旅行、結婚式にも最適です。

 

 

 

ギマラス島(Guimaras Island)

この投稿をInstagramで見る

Travel | Nature | Vacation(@wonderfulparadisee)がシェアした投稿

ギマラス島の面積は、604.7キロ平方メートルでフィリピン国内で5番目に小さい島

 

世界一甘いマンゴーの産地”として知られ、現地の人からは“Mango Capital of the Philippines”と呼ばれています。

 

マンゴーが食べ放題になる毎年5月には「マンゴーフェスティバル」が開催されるほど、マンゴーがギマラス島を代表する農産物になっています。

 

しかし、魅力はマンゴーだけではありません。一面に広がる白く美しい砂浜ビーチに加え、手つかずの大自然と豊かな海そして、古き良き歴史を感じられる観光スポットとしての魅力が詰まっています。

 

 

マラパスクア島(Malapascua)

綺麗すぎるフィリピンの離島!王道旅行に飽きたらツウなリゾートへ

手つかずの大自然を誇り、“セブ島の秘島”といわれているのがマラパスクア島

 

セブ島の最北端に位置する長さ2.5キロメートル、広さ1キロメートルの極めて小さな島です。真っ白な白砂ビーチに透き通るような青い海。

 

隠れ家的なリゾート地でありながら、世界有数のダイビングスポットとして人気のマラパスクア島の海では、希少価値の高いサメとして知られているニタリも見ることができます。

 

他にも、マンタやジンベイザメなどの大物から数えきれないほどマクロ生物も生息していて、まさに海洋生物の宝庫。

 

さらに、レック(沈没船)ダイビングも楽しめ、見どころは盛りだくさん。海中撮影にもオススメの場所です。

 

 

観光省のホームページやSNSもチェック!

フィリピンの秘境3選!一生に一度は行きたい美しすぎる厳選スポット

フィリピン政府観光省の日本事務所では、ホームページやSNSを活用して、フィリピンの魅力を発信しています。

 

ぜひこちらもご覧ください。

 

公式ホームページ:philippinetravel.jp
Facebook:@PhilippineTravelJP
Twitter:@PhilTravelJP
Instagram:@PhilippineTravelJP
YouTube:フィリピン観光省

(※本記事は文章・写真ともにフィリピン政府観光省より許可のうえ掲載しております)

 

 

最新記事はコチラ
日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.