フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ8選

2020.05.05
フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

こんにちは。マニラブのなな(@nanadaylife)です!

 

南国気分を満喫するには欠かせないトロピカルフルーツ

 

フィリピンでは日本ではなかなか味わえないフルーツに出会えたり、日本では高級フルーツと知られるものも安く食べられたりするので、フィリピン滞在中にぜひお試しください♪

 

ショッピングモールの中にあるスーパーでも買えますが、マーケットで買う方がお安く、店員さんに食べ方などを聞きながら買うのもまた楽しいものです。^^

 

年中暑いフィリピンと言っても旬の時期があり、年中食べることができないフルーツもあるのでチェックしてみてくださいね!

 

マーケットでのフルーツの買い方

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

マーケットでのフルーツの金額表示は基本的にキロ単位です。

 

フィリピノ語で「マッカーノ(Magkano)?」(=いくら?)と聞くと「〇〇ペソ・パー・キロ(〇〇 peso per kilo)」(=1キロあたり○○円)と答えてくれるので、欲しい量を伝えましょう!

 

 

旅行の場合1キロは多いと思いますので、例えば「ハーフ・キロ(half kilo)」などと言うと少量で売ってくれます。※最少量がある場合もあるので、ご確認ください。

 

おすすめトロピカルフルーツ8選

マンゴー(Mango)

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

収穫時期:年中(3~6月頃が旬)

 

ドライマンゴーがお土産として人気のマンゴー。フィリピンに来たらぜひフレッシュなマンゴーをめしあがれ~!マンゴーはいろいろな種類があり、1個100円くらい〜買うことができます。

 

実はマンゴーはいろいろな種類があり、食べ方もさまざまです。

 

マンゴーの種類

イエローマンゴー:果肉がオレンジ色のマンゴー。完熟マンゴーは甘くてみずみずしい。
グリーンマンゴー:酸味がクセになるマンゴー。フィリピン料理レストランのメニューにほぼ必ずある「グリーンマンゴーシェイク」もおすすめ。
アップルマンゴー:未熟の硬いままエビベースの調味料(バゴーン)に付けて食べるのがフィリピンスタイル。

 

ランブータン(Rambutan)

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

収穫時期:年中(8〜10月頃が旬)

 

見た目はピンク色のウニ、味はライチのランブータン。ランブーはマレー語で「毛、髪」を意味し、ランブータンとは「毛の(生えた)もの」という意味です。ネーミングセンス抜群。

 

もじゃもじゃの毛をかき分けて皮を開けると、ライチのような半透明の実が顔を出しますので、そのまま食べることができお手軽です。中に種が入っているのでご注意を!

 

ありがたいことに低カロリー、そして、ビタミンCが豊富。飽きのこない味なので止まらなくなります。

 

ポメロ(Pomelo)

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

収穫時期:年中

 

でっかいピンクグレープフルーツ、ポメロ。見た目も味もピンクグレープフルーツと似ていますが、大きくて中の実が少し硬く、外皮が分厚いのが特徴です。スーパーやマーケットでは外皮を剥いたものも売られています。

 

フィリピン料理店では「ポメロサラダ」というメニューがあるので、フィリピン料理店でチェックしてみてくださいね。

 

フィリピン料理店のドリンクメニューを見ると「ポメロジュース」や「ポメロシェイク」と書かれています。酸味があり、さっぱりとしているので、甘いシェイクが苦手な方にもおすすめです。

 

ランソネス(Lanzones)

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

収穫時期:8〜12月頃

 

見た目はジャガイモ、味はグレープフルーツ」のランソネス。薄茶色の表皮は手で簡単に剥ける厚さで、中には白い果肉が入っています。ジャガイモから果肉が出てくるなんて、なんとも不思議な感じです。笑

 

薄茶色の表皮を剥き、さらに内側に(果肉のまわり)薄皮がついていて、それがグレープフルーツのような苦みとなっていますが、それを剥がせば苦みは弱まります。8〜12月頃にしか出回らない季節モノですので、見つけたらぜひ試してみてください!

 

パパイヤ(Papaya)

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

収穫時期:年中

 

美白に効果ありと言われるパパイヤ。1個200円くらい~と安い!

 

熟度により食べ方が少し変わり、熟れたものは生のままフルーツとして食べ、ストリートフードのカットフルーツとしても見かけます。未熟なものは「グリーンパパイヤ」と呼ばれ、火を通して調理する、野菜のような使われ方が主流です。

 

また、美白効果があるビタミンC、カロテン、リコピンの抗酸化作用を含むため、フィリピン人の普段使いやお土産として「パパイヤ石鹸」が人気です!

 

アティス(Atis)

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

収穫時期:9〜12月頃

 

緑色でごつごつとした見た目のアティス。フィリピノ語ではアティスと呼ばれますが、糖度が高いことから英語では「シュガー・アップル」と呼ばれています。

 

果肉は白くねっとりとしていて、とても甘くてクリーミーです。原産地は中南米ですが、東南アジアでも広く栽培されています 。

 

気になるのはその見た目。何かに似ている気がしませんか?え・・もしかして・・?

 

仏像の頭。

 

釈迦頭(しゃかとう)」というなんともあっぱれなネーミングセンスの別名を持っています。一見硬そうですが(釈迦頭という別名ですし)、手で簡単に割ることができます。

 

珍しいフルーツを食べてみたい!という方におすすめです。釈迦頭・・!

 

バナナ(Banana)

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

収穫時期:年中

 

バナナの宝庫フィリピン!種類も豊富にあり、マーケットのフルーツコーナーに行けば、色々な色や大きさのバナナが並んでいます。

 

バナナの種類
ラカタン:熟すと甘みが増す、日本でよく見る黄色い皮のバナナ
セニョリータ:日本では「モンキーバナナ」で知られる小さいバナナ
サバ:皮が硬く緑色で、調理用として重宝されるバナナ

 

調理用バナナ「サバ」は炒め物やスープに入れるなど、日本ではなかなかお目にかからない食べ方をします。スープに入ったバナナは、サツマイモのように甘くてほくほくしてとても美味しいです!

 

バナナはやっぱりスイーツで食べたい!という方。バナナのスイーツは、道端で売っているストリートフードの定番で、種類も豊富です。ちなみに、スイーツにも調理用バナナ「サバ」を使います。

 

バナナを使ったスイーツ
バナナキュー : バナナに砂糖を付けて揚げたもの
トゥロン : ジャックフルーツと一緒に春巻きの皮に包んで揚げたもの
ハロハロのトッピング : 黒砂糖で煮詰めて、スイーツ「ハロハロ」のトッピングになる

 

このようにバナナは万能食材なのです。

 

ドラゴンフルーツ(Dragon fruit)

フルーツ天国フィリピン!南国気分が味わえるトロピカルフルーツ7選

収穫時期:4〜8月

 

果皮が龍のウロコに似ていることからその名がついた「ドラゴンフルーツ」。英語では「ピタヤ」とも呼ばれます。

 

ビビッドすぎるピンク色と奇抜な形から、南国フルーツらしさを感じざるを得ません…!

 

ビタミンやミネラルといった栄養素がたっぷりで、暑い国で健康に過ごすのにぴったりのフルーツ。果肉が白いタイプの「ホワイト・ピタヤ」、果肉が赤いタイプの「レッド・ピタヤ」の2種類がよく出回っています。

 

追熟しない果物なので輸出には向かず、日本ではあまり見かけないのではないでしょうか?

 

 

気になるフルーツはありましたか?

 

生のトロピカルフルーツは日本ではなかなか手に入らないですし、お土産として買って持ち帰ることもできないので、フィリピンでぜひ試してほしいものの1つです。

 

マーケットやスーパーで買って食べたり、フィリピン料理店でフルーツを使ったお料理をオーダーしたりして、楽しんでくださいね!

日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.