フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

2021.04.19
【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

この記事は、2021年4月12日、フィリピンから日本への帰国された日本人、かよこさんの帰国体験記をまとめたものです。

 

コロナ禍において、帰国に関する情報が刻一刻と変わる中、貴重な情報を提供していただいたかよこさん、どうもありがとうございました。

 

これから日本に帰国を予定されている方の参考になれば幸いです。

帰国した日と便

2021年4月12日(月)の全日空 (マニラ14時40分発、羽田行き)の便に乗りました。

 

出発前に準備しておくこと

PCR検査結果

出発予定時刻の 72 時間以内に出た結果を日本指定のフォーマットで用意します。日本へ入国する方は、現在これがないとフィリピンを出国できません。

 

マニラ首都圏で、日本指定フォーマットに対応している代表的な病院は以下の3つです。

 

マカティメディカル(マカティ市)

検査後48時間以内に結果をオンラインで確認できます。

日本フォーマットは、結果が出てからコピーを持って、マカティメディカルのタワー1 の 「HEALTH HUB」に提出すると記載してくれます。

日本フォーマットは病院で準備しているようです。

 

【料金】検査代 5000ペソ、日本フォーマット書き換え代 500ペソ

 

セントルークス(タギッグ市、BGC)

検査後48時間以内に結果をオンラインで確認できます。

日本フォーマットは、結果が出てからコピーを持って、病院に提出すると記載してくれます。

日本フォーマットは病院で準備しているようです。 

 

【料金】検査代 5000ペソ、日本フォーマット書き換え代 不明 

 

Philippine Airport Diagnostic Laboratory(パサイ市)

検査結果を出してもらう時間を24時間以内または48時間以内から選べます。

受付時にフライト情報とパスポートを確認されます。結果は英文ですが、日本フォーマット対応の PDF がメールで送られるのでそれを印刷すれば大丈夫です。

 

【料金】検査代(24 時間) 5000ペソ、(48 時間) 4000ペソ

 

フィリピン出国時にダウンロードしているか確認されるアプリ

「TRAZE」と②「STAY SAFE PH」をダウンロードするよう事前に言われていましたが、実際には全くチェックはありませんでした。

 

日本入国時に空港でダウンロードしているか確認されるアプリと記録

「OEL」(位置情報を確認するため)、②「Skype」または「WhatsApp」(所在確認のビデオ通話のため)、③「位置情報保存設定(Google Mapsなどの設定)」(入国後に陽性となった際、位置情報を示すため)、④「COCOA」(感染者と接触した可能性について通知を受け取るため)の4つのダウンロードが必要です。

 

空港到着後しっかり確認され、ダウンロードしていないとその場でダウンロードをしなければならないので、事前にダウンロードしておきましょう。

 

【参考】厚生労働省サイト https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431 00250.html 

日本用新型コロナウイルス感染症対策質問票回答受付

https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/Q1-1 

 

事前に情報入力をしておき、QRコードを作成し、日本到着時に提示します。

 

空港到着後しっかり確認され、回答してないとその場で回答しなくてはならないので、事前に回答しておきましょう。

 

出発日の様子(2021年4月12 日)

12時:第3ターミナルチェックイン

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

 

空港内は人が全然おらず、ガラガラでした。コンビニと飲食店はいくつかやっていましたが、ブランドショップやブティックなどはほぼ閉まっていました。

 

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

 

チェックイン時にアプリのチェックは一切ありませんでした。

 

13時50分:搭乗開始(予定搭乗時刻より約20分早い)

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

 

機内もガラガラでした。ざっと数えて乗客数 は40人以下、ビジネスクラス以上の搭乗はなかった様子です。

 

空いているので「密」を気にする必要はありませんでした。私は3列シートに1人で座り、前列・後列・隣列に人はいない状況でした。

 

14時20分:マニラ離陸(定刻より約20分早い)

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

 

離陸前に、アルコールティッシュとそれを捨てるナイロン袋が渡されました。

 

離陸後、機内ではいつも渡される税関報告書のほかに、誓約書(日本に着いたら感染拡大防止に努め、14日間は隔離生活をし、アプリで情報公開することを誓約)や質問書が渡され、到着までに記載しておくように言われました。

 

19時20分:羽田到着(定刻より約20分早い)

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

降機

羽田で降りる人のみ(私を含めて6人)が降りていました。他の乗客は、アメリカに乗り継ぐ人たちで、ほぼ全員がフィリピン人だと見受けられました。

 

各種入国手続き

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

飛行機を降りると、手首に緑のカード(おそらく海外からの帰国者を意味します)をぶら下げ、ピンクの紙(ピンクは変異種が確認された指定地域からの帰国者を表し、それ以外は緑色の紙のようです)を渡されます。

 

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

 

この紙を各ブースのチェックポイントで提示しながら手続きを行います。

 

順序に従い、各ブースで機内で記入した書類を渡したり、感染症対策質問票回答を提示したり、4つのアプリのダウンロード確認したり、とにかく歩きました。

 

上記の4種類のアプリのダウンロードと日本用新型コロナウイルス感染症対策質問票の回答は、事前に済ませていないとブースでやるまでは進ませてもらいないので、必ず事前にやっておきましょう。

 

唾液検査

人が1人立てるほどの小さなブースで、壁に貼られたレモンと梅干の絵を見ながら唾を出します。

 

尿検査の容器が渡され、赤い線くらいまで唾をためて提出します。ここまでで、飛行機を降りてから40分くらいです。 それから検査結果を待ちます。

 

唾液検査の結果受理

提出してから約40分で結果が出ます。無事、陰性でした。

 

預け荷物のピックアップ

預け荷物を受け取り、空港を後にします。

 

隔離用ホテルへ移動

用意された大型バスで、指定ホテルへ向かいます。

 

変異種が確認された指定地域からの帰国者は、14日間の隔離機関のうち最初の3泊は政府指定のホテルでの隔離となります。フィリピンは3月29日頃から、指定地域の該当となりました。

 

私は、潮見のアパホテルが割り当てられました(成田着の人は、東横インとの情報もありました。)。

 

23時:ホテルに到着

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

フィリピンに比べて日本は緩いと聞いていましたが、ホテルのスタッフは防護服、フェイスシールドで徹底していました。

 

ロビーでアクリル板越しに、以下の確認事項について話がありました。

 

・禁煙部屋か喫煙部屋かどちらを希望するか
・3泊4日、部屋に缶詰めであること
・ランドリー利用希望の場合のみ事前連絡すれば地下の洗濯機を使えること
・食事は3食、部屋の前に置かれること
・ゴミは朝に回収するので、朝食配置前に部屋の外に置いておくこと
・アルコールは摂取禁止であること
・体温計を渡され、毎朝体調を携帯チャットで報告すること
・ネットショッピングやデリバリーは可能だが、お渡しは翌日の午前中になること
・チェックアウト日の午前7時に唾液検査をし、陰性の場合、15時発で空港まで送り届けてくれること
・その後は各自自主隔離に入るが、公共の乗り物は禁止であること

 

隔離ホテルでの生活について

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

食事

食事は1日3回(7時30分、正午、18時)館内放送で案内されます。

 

部屋の外のラゲッジラックに置かれるので、放送を聞いたらドアを開けて受け取ります。

 

お弁当はアパホテルオリジナルで野菜も多く、アレルギー表示が付いた献立表付きでした。4日目の朝はサンドイッチが出ました。

 

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

 

隔離生活で3食ご飯のお弁当は重く感じ、2日目から1食をお断りし、1日2食にしました。

 

お味噌汁やスープが付かないので、用意しておけばよかったなと後悔しています。

 

帰国予定の方は、味噌汁やスープ、コーヒー、紅茶、おやつなど、個人のエッセンシャルフードやドリンクを準備しておくとより快適かと思います。なお、お水は提供してくれます。

 

デリバリーやネットショッピングはできるとのことですが、3泊4日の滞在で、配達の翌日部屋に届くとなると、実用的ではありません。

 

3泊4日の2日目と3日目の様子

朝に体温を計り、携帯のチャットで報告し、配布されたお弁当を食べて過ごしました。

 

3日目の夜に館内放送で、翌日退去予定の人は、検査後陰性だったら同じ日の15 時出発か、もう1泊して翌日 10 時発かを選択できるので、チェックイン時に渡された「出発時間回答用紙」を部屋の外のバッグラゲッジに置くように案内されます。

 

私は同日15時発を選択しました。ただし、同日15 時発は、検査の結果が遅れた場合は翌日10時になるとの注意書きありました。

 

4日目(チェックアウト日)の様子

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

6時30分に館内放送で、本日退去予定者はこれから唾液検査キットを配布するので、7時30分までに用意するように案内がありました。

 

唾液キットは袋に入って、ドアの外のラゲッジラックに置かれていました。

 

検査キットの提出は直接で、完全防護服の方が取りに来ました。結果はお昼過ぎに判明する予定とのことです。

 

13 時過ぎに検査結果の連絡があり、陰性だとわかりました。15時発のため、14時30分までに支度をしておくように言われました。

 

誰かにホテルへ迎えに来てもらったり、ホテルで解散したり、ホテルから荷物を送ったりすることは禁止で、全員空港に荷物付きで送り届けられます。

 

14時30分、まず荷物を取りに来てくれました。その後、14時45分に電話があり、ドアを開けたまま降りてくるよう案内されます。

 

【2021年4月体験記】コロナ禍にフィリピンから日本に帰国するまで

 

ロビーにおりて名前の確認、アプリの確認をし、バスに乗りました。大型の観光バスに7人のみで、マニラから一緒に来た人は1人もいませんでした。もしかすると、翌日便にされたのかもしれません。

 

バスは、国際線第3ターミナルの1階に到着し、ここで解散となります。

 

公共の乗り物は禁止なので、以下のいずれかで自主隔離の場所へ向かうことになります。

 

・迎えに来てもらう
・ハイヤーを使う(ただしタクシーは不可)
・レンタカー
・徒歩

 

私は迎えに来てもらい、千葉の民泊に移動しました。

 

以上が、私の帰国体験記です。これから帰国される方の参考になれば幸いです。

 

 

みなさま、健康第一に過ごされますよう、お祈り申しあげております。

日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.