フィリピンの旅行・観光情報を毎日更新!

フィリピンで有名なアニメ「ボルテスV」。知名度の高さは戒厳令に関係?

フィリピンで有名なアニメ「ボルテスV」。知名度の高さは戒厳令に関係?
新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、現在フィリピンは入国制限がかかっています。また、各施設の営業状況が変わっている可能性があります。ご利用の際は公式HP等にてご確認ください。大変な時期が続きますが、少しでも旅行の楽しさを味わっていただけるよう、引き続き情報をお届けいたします。

こんにちは!ナビマニラです。

 

フィリピンと関わる日本人が驚くことの一つにロボットアニメ「超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)」の人気の高さがあります。

 

「たとえ嵐が吹こうとも、たとえ大波荒れるとも…地球の夜明けはもう近い」と歌うボルテスVの主題歌の歌詞の意味はわからずとも、日本語でそらで歌えるフィリピン人は少なくありません。

 

このアニメがフィリピンで初めて放映されたのは1978年、マルコス政権による戒厳令下です。

 

当時「マジンガーZ」や「闘将ダイモス」等の日本のロボットアニメが日替わりで放映され、中でも一番人気があったのはボルテスVでした。

 

5人のパイロットが一致団結し、地球を侵略しようとするボアザン星人と闘うというストーリーに、当時の子供達は自分自身を重ねながら見ていたのでしょう。

 

ところが、あと残り4エピソードというところで、いきなり放送が打ち切られます。

 

「暴力的で子供たちの教育に良くない」と、マルコス大統領が放送中止を決定したのだとか。

 

しかし「きっと団結して権力に抵抗するというテーマに、大統領が危機感を持ったのに違いない」と人々は噂しました。

 

ボルテスVの最終回を見そこなった当時の子供達は、不条理さと悔しさをかみしめながら育ち、8年後のエドサ革命の中心的枠割を担う世代となります。

 

エドサ革命世代にとっては、ボルテスVは自由の象徴であり、特別な意味を持つものとなったのです。

 

この記事では引き続きこんな内容が読める

○ 年月を経て、ボルテスVが再放送
○ 形を変え、ボルテスVがコロナ禍で再登場

 

 

《「ナビマニラ」とは 》

日刊まにら新聞より2008年に創刊。マニラをはじめフィリピンの各地のグルメや街歩き、旅行といったライフスタイル、エンターテインメントなどの情報をお届けしています。

 

最新記事はコチラ
日本人がフィリピンの魅力を現地から様々な角度からお伝えするメディアです。
Our media revolves around showing the Charms of the Philippines, how attractive it is.